2010年10月05日

修了証書

7、8月と講習を受け、資格取得試験を受験した

「福祉用具プランナー」の研修ですが、無事研修修了(資格取得)

の通知を頂きました!毎日のご相談やお問い合わせにもっと

的確にお答えしたい!と思い受講した資格研修ですので、

資格取得が目的というよりもそれまでの研修や実技を受講して

専門知識を深めるのが目的だったんですが、やはり新しい

資格を頂くと嬉しいですね^^

今回、勉強した内容を活かしより一層みなさまの介護のお手伝いが

出来ればと思います!お困りの際は是非ご相談下さいませ。



20101005376.jpg
posted by TCマート at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年09月17日

福祉用具プランナーフォローアップ研修

に行きました。

内容は車椅子のシーティングの講義と実技です。

実際に座る方を決め、モジュール車椅子のシートを

使う方の体にあわせたシートを作っていきます。

これが非常に難しい・・・・車椅子の事だけでなく、

体の構造、クッションの特性、疾病の状況など様々な

事を考えながら作って行かなければいけません。

グループで行ったのですが、「座面が高い」とか、
「背角度がきつい」とか色んな感想をもらいながら
調整を続けて行きます。本当に難しかったのですが
講師の先生は本当に凄い!!

乗ってる人を観察しただけでサッと最適なシートを作られます。
やはり長年の経験と、豊富な知識がなせる技なのでしょう。

少しでも先生に近づけるように今後も車椅子の事をもっと
もっと勉強して行きたいと思います!




posted by TCマート at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年09月09日

福祉用具プランナー研修8回目(最終日)

最終日は前日と同じく、違うケースでの福祉用具プランニングの

作成です。住居もニーズも介護度もまったく違います。

みんなそれぞれ専門職ならではの意見、そして最終日までに

学んだ福祉用具の知識をフル活用して最適なプランを作成するべく

ディスカッションしていきます。

真剣で熱い意見交換が続きます!

僕も福祉用具専門相談員としての意見を飛ばしながらも

自分が作ったアミダくじで発表係りになってしまった自分は

やや緊張しながらきちんと発表出来るように必死に頭の中で

まとめていきます!グループみんなの協力でとても良いプラン、

緊張して棒読みの発表は無事終了。


面白かったのはプランニングやモデルケースの例に

住宅の設定が京町屋だったりと、開催地の特色があって印象に

残りました。

その後終了試験を終え、実技52.5時間、eラーニング48時間

計100.5時間に及ぶ研修は無事終了しました!


あとは郵送されてくる試験結果を待つのみです^^;


僕の今年の夏の思い出はほぼプランナー研修で幕を下

ろしましたとさ(笑)・・・おわり
posted by TCマート at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年09月06日

福祉用具プランナー研修7日目そのA

研修7日目の後半は福祉用具プランニングの実技でした。

仮想のご利用者様、ご家族、お住まいの住宅の図面、

身体状況、ご要望や課題を福祉用具、住宅改修で解決する

プランニングをグループでディスカッションしながら

実際にプランを組み立てて行きます。

僕のグループのメンバーの方は、理学療法士の方2名、

作業療法士の方1名、ケアマネージャーの方1名、

僕を含め福祉用具専門相談員が3名と計7名が問題解決と

想い実現の為に、意見を出し合います。

中々、ここまで多様な専門職の方と意見を交換出来る

場面がないので非常に勉強になりました。

・・・つづく

posted by TCマート at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年09月02日

福祉用具プランナー研修7回目その@

8月最後の土曜日。福祉用具プランナー研修の7回目の講座でした。

丸1日ある研修ですが、7回目の午前中は「入浴福祉用具」について

講義&実技でした。グループに分かれて色々な入浴福祉用具を

使用し長所や短所を見出します。特にためになったのは実際に

浴室で用具を濡らして試せた事でした。

福祉用具や介護用品を実際試用してみることは多いですが、

入浴用具に関しては中々実際に濡らした状態で比較してみる事は

出来ないので、用具ごとの特性や、ご利用状況、身体状況など

を踏まえどのような時にどのような用具を選べばいいのかが

体験を通して学びました。 ・・・つづく
posted by TCマート at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年08月27日

透明文字盤の製作

を福祉用具プランナー研修で行いました。

画像は僕が作成した透明文字盤という福祉用具です。


20100827324.jpg

どんな時に使用する福祉用具かというと難病の方で体の

筋肉が麻痺してしまい動かせる筋肉が眼球の筋肉のみという方

がいらっしゃいます。ご利用者の方と介護者の方の間に

透明文字盤を挟みご利用者の方の目の動きを文字盤越しに

追ってコミュニケーションをはかるというもの。

研修で実際にペアを組んでやってみましたが慣れるまでは

難しかったです。しかしやや慣れるとアイコンタクトだけで

何とかコミュニケーションをとる事ができました。


簡単な仕組みの用具ですが非常に有効なコミュニケーションツール

だと思います。作り方はいたって簡単。

ホームセンターなどで売っているプラスチックの板と

油性マジック、30cm定規、ツメきりがあれば15分ほどで

製作できます。

まずプラスチックの板に定規とマジックで縦線と横線を引き

その中に50音とよく使う単語、数字などを書いていきます。

文字を書き終わったら爪きりで板の四隅の角を丸く切っていきます。

これは万一、文字盤を落としてしまったときにとがった角で

利用者の方を体を傷つけてしまわない大事な工夫です。


この透明文字盤のように少しの工夫で安価に手作りできる

福祉用具もたくさんあります。

また色々ご紹介していきますね。






















posted by TCマート at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年08月26日

福祉用具プランナー研修6日目

20100822323.jpg



福祉用具プランナー研修の6回目は住宅改造の実技と、

コミュニケーション機器についての講義と実技でした。

住宅改造の実技では実際に手すりの使い勝手や

車椅子やシャワーキャリーでスロープや段差の乗り越え

をしました。手すりの取り付け位置がわずか数cm違うだけで

使いやすさや安全性が格段に変わります。

住宅改造はご利用者の方の身体能力、ご使用される福祉用具、

また介護をされるご家族の方の状況によって様々なパターンや

方法を考えなければいけませんね。

20100822322.jpg

posted by TCマート at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年08月24日

福祉用具プランナー研修5回目

先週末、土曜、日曜と福祉用具プランナー研修にいってきました。

5回目の土曜日は床ずれ予防と住宅改造について。

いずれも講師の先生の講義をお聞きした後実技に。

床ずれ予防の講習では実際に体圧測定器を使いながら

どの箇所に体圧がかかっているのか、また福祉用具をどのように

使えば体圧分散を行えるのか、などなど、実際にマットレスを

代えてみたり、クッションを使ってポジションニングを行ったり

と実際に自分でも体験しました。

他の介護用品も同じですが、

床ずれのリスクを防止し、より快適にお過ごし頂くために

様々な福祉用具を使われる方によって的確にご使用頂く事が

重要ですね。とくにクッションはいろんな形のものを組み合わせる

事で様々状況に対応する事ができます。

詳細は後日メルマガやブログでもご紹介できればと思います。



posted by TCマート at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修

2010年07月27日

起居、移乗関連用具と車椅子研修

20100724302.jpg


先週の土、日と福祉用具プランナー研修でした。

土曜日は介護ベッドやベッドからの移乗に使う福祉用具の実技、

日曜日は車椅子の評価や調整の実技をお勉強。

車椅子の研修では半日で20台程の車椅子を乗り比べて、
調整方法など色々教えて頂きました。

ほんと車椅子は奥が深い!学べば学ぶほど

「もっと勉強せな!」と思います。

移乗や起き上がりの介助方法もいかに力を使わず体を使って

介助するかを理論的に教えていただけました。

体の使い方などは僕がやっている格闘技とも相通じるところが

あっておもしろかったです。


posted by TCマート at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉用具プランナー研修